本文へ移動

編集日誌(2022年8月7日)

2022年8月7日 05時00分 (8月7日 05時00分更新)
〈爆心地手をふる子らの「また明日」〉は、きょうの「平和の俳句」。77年前の夏の日、無数の「また明日」が突然、断ち切られました。
国連のグテレス事務総長が指摘するように私たちは「1つの過ち、1つの誤解で破滅に至る」世界に生きています。私たちや子らの「また明日」も為政者らの過ちや誤解一つで瞬時に奪われうる。そんな現実にどう向き合うか。
「最終的に核の脅威への解決法は1つしかない。核兵器を一切持たないことだ」と訴えるグテレス事務総長のメッセージや広島市長の平和宣言を、ぜひご一読ください。(ほ)

関連キーワード

おすすめ情報