本文へ移動

【ヤクルト】投手陣が逃げ切り失敗、広島出身の高津監督「きょうだけは勝ちたかった。いろんな意味で」

2022年8月6日 22時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤクルト・高津監督(中央)

ヤクルト・高津監督(中央)

◇6日 ヤクルト2―3巨人(神宮)
 ヤクルト投手陣が主砲不在のピンチで逃げ切りに失敗した。
 打線は村上の代役で4番を務めたサンタナが1回に先制適時打。5回には塩見が9試合ぶりの打点となる適時打でリードを2点に広げた。だが、先発の小沢が6回に2ランを被弾。好投しながらも要所で浴びた手痛い一発で同点にされると、8回に3番手・清水が勝ち越しを許した。
 惜敗で2連敗。広島原爆の日に勝利を逃した広島出身の高津臣吾監督は「きょうだけは勝ちたかった。いろんな意味で」と悔しさをにじませた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ