本文へ移動

【まるがめボート】進入の試練はね返す! 節イチパワーでイン押し切り狙う実森美祐 レディースチャンピオンきょう優勝戦

2022年8月7日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
節イチパワーで頂点へ駆け抜けるか実森美祐

節イチパワーで頂点へ駆け抜けるか実森美祐

 香川県・まるがめボートのPG1「第36回レディースチャンピオン」(優勝賞金1100万円)は7日、最終日の12Rで優勝戦が行われる。予選トップで準優も逃げ切った実森美祐が絶好枠をゲット。デビューからまだ優勝のない25歳が、節イチパワーでいきなりG1タイトル奪取の偉業に挑む。最年少優勝した19年以来、2度目の戴冠を目指すのは大山千広。香川素子も実戦足強力でG1初Vを狙える仕上がり。地元ビッグで燃える松尾夏海もF2ながら攻めに徹する。なお、準優11R2着の桜本あゆみは不良航法で賞典除外となり、同R3着だった平山智加が繰り上がりで優出を決めた。
【優勝戦みどころ】
 オール2連対の快進撃でデビュー初優勝とG1Vへ王手をかけた実森だが、進入から試練となりそう。桜本の不良航法で繰り上がった地元・平山が6枠なら黙っていないからだ。とはいえ、実森の本命は揺るぎない。出足、伸び、回り足に行き足まで加えた〝4拍子〟そろった節イチパワー。準優で平山の前付けを経験したのも自信になっているだろう。インから踏み込み鋭く一気に押し切る。
 実森だけでなく、大山、香川もコースを主張して進入は1236・45と想定。対抗は大山で自身が大会初出場、初優勝した19年以来2度目のG1Vを目指す。回り足は良く2コース向きの仕上がりだ。香川も注目39号機を相棒に実戦足は抜群。これが通算5回目のG1優出。まるがめは近況5節で2優勝と相性もいい。地元でベスト6入りした松尾、平山も気合がみなぎる。F2も克服してG1初優出の松尾は5カドから握る。平山も機の素性を引き出せば2年ぶりVも十分ある。また、藤崎も大外の可能性大だがS力は怖い。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ