本文へ移動

【巨人】井納がFA移籍2年目ようやく初勝利 頭部負傷で狂った歯車「やっと」

2022年8月6日 22時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
巨人・井納

巨人・井納

◇6日 ヤクルト2―3巨人(神宮)
 巨人・井納翔一投手が移籍後初勝利を挙げた。同点の7回に登板し1イニングを無失点に抑えると、8回にポランコが決勝犠飛。そのまま逃げ切り、FAで巨人に来て2年目で、ようやく待望の白星をゲットした。
 試合後はヒーローインタビューに呼ばれ、満面の笑み。移籍後初勝利の気持ちを聞かれると「去年来てから全く仕事をしていないので、ファンの人からもすごいことも言われたりしましたし、少しずつやって、やっと今日勝てたかなと思います」と語った。
 大きな期待とともに巨人に来た昨年は、開幕前に不注意による頭部負傷してから歯車が狂い、わずか5試合の登板で0勝1敗、防御率14・40だった。厳しい声も多く向けられた。それは胸に刺さっていた。
 「FAで来て、1年目から仕事しなきゃいけないですけど、全くできなくて、今年に入っても全然春先から仕事できてなかったですし。やっと、ごく限りないですけど結果が出ているので、これでファンの人に許してもらえることではないですけど、このままやっていければと思います」。ヒーローインタビュー後の取材でも、こう語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ