本文へ移動

<あいちの民話を訪ねて> (80)猪子石(名古屋市名東区)

2022年8月7日 05時05分 (8月8日 20時08分更新)
牡石は「触れるとたたりがある」と話す酒井さん(中)=名古屋市名東区香坂の猪子石神社で

牡石は「触れるとたたりがある」と話す酒井さん(中)=名古屋市名東区香坂の猪子石神社で

  • 牡石は「触れるとたたりがある」と話す酒井さん(中)=名古屋市名東区香坂の猪子石神社で
  • 毎年9月の第1土曜に開かれる祭礼。ちょうちんみこしで町内を練り歩き、しの笛と太鼓のおはやしを奉納する=名古屋市名東区香坂の猪子石神社で(猪子石神社おはやし保存会提供)
  • 安産の神として信仰される牝石=名古屋市名東区山の手1の大石神社で
 かつて猪の高村があったという名古屋市名東区と千種区にまたがる「猪子石」の地名は、イノシシに似た対の石に由来する。香流川を挟んで北にある猪子石神社(名東区香坂)に「牡(お)石」、南の大石神社(同区山の手一)に「牝(め)石」が祭られている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧