本文へ移動

鈴鹿8耐の練習走行で英国籍ライダーが転倒、意識不明の重体

2022年8月6日 21時10分 (8月6日 23時42分更新)
ジーノ・リアさん(ゲッティ=共同)

ジーノ・リアさん(ゲッティ=共同)

 6日午後2時55分ごろ、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットの国際レーシングコースで、レース前にオートバイで練習走行をしていた英国籍のプロライダー、ジーノ・リア選手(32)が転倒した。コース外壁に全身を強く打ち、意識不明の重体。
 ジーノ選手は、開催中の鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)に出場している鈴鹿市拠点のチーム「FCC TSRホンダフランス」の所属。チームによると、最終予選前の練習中に「シケイン」と呼ばれる急角度のコーナーで転倒したという。
 鈴鹿8耐は3年ぶりの開催で、45チームの計約130人の選手が参加している。TSRは2017~18年シーズンの世界耐久選手権シリーズで優勝した強豪。

関連キーワード

おすすめ情報