本文へ移動

【ドンブラザーズ】ドン23話「イヌ、いぬになる」あらすじ 犬塚、犬のたたりでずっと犬に

2022年8月6日 19時00分 (8月6日 20時05分更新)
『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』ドン23話より (C)テレビ朝日・東映AG・東映

『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』ドン23話より (C)テレビ朝日・東映AG・東映

 破天荒な展開で話題のスーパー戦隊シリーズ最新作『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』(毎週日曜 前9:30、テレビ朝日系)。ドン23話「イヌ、いぬになる」が、あす7日に放送される。
 子供たちが、犬が亡くなった交通事故現場に花と水を供えていた。雉野つよし(鈴木浩文)の妻・みほ(新田桃子)は思わず手を合わせる。そんな中、獣拳鬼が出現し、ドンブラザーズが応戦。
 獣拳鬼の攻撃を受け吹っ飛ばされた犬塚翼(柊太朗)はこの事故現場に落下し、お供え物を破壊。すると犬のたたりにより翼はイヌブラザーからチェンジオフできなくなってしまう。途方に暮れる翼に、みほが声をかける。そこに獣拳鬼が現れ…。

関連キーワード

おすすめ情報

エンタメ総合の新着

記事一覧