本文へ移動

【ヤクルト】村上の代役4番サンタナが巨人・直江から先制打「ランナーをかえすことだけ考えた」

2022年8月6日 19時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
サンタナ

サンタナ

◇6日 ヤクルト―巨人(神宮)
 ヤクルト・村上の代役で4番に入ったドミンゴ・サンタナ外野手が、試合開始早々の好機できっちり仕事をこなした。1回2死二塁で先制打。巨人先発・直江のフォークを右前へはじき返した一振りに「先制のチャンスだったのでランナーをかえすことだけを考えて打席に入りました。追い込まれていたのでコンパクトに打ちました。先制することができてよかったです」とコメントした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ