本文へ移動

【ボクシング】19年国体王者の小川寛樹がKOデビュー! 左ボディーで相手沈めた

2022年8月6日 19時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
KOでプロデビュー戦を飾った小川(右)

KOでプロデビュー戦を飾った小川(右)

 ボクシング2019年国体優勝の小川寛樹(ひろき、23)=帝拳=が6日、東京・後楽園ホールのスーパーフライ級6回戦でプロデビューし、ポンテープ・ブンチャーリー(17)=タイ=に4回2分44秒KOで勝ち、プロ初戦を飾った。試合開始から的確な左ジャブで優位に立ち、3回からは上下に攻め分けて完全にリングを支配。最後は左ボディーで対戦相手をもん絶させるKO決着だった。
 小川は昨年7月にB級プロテストに合格していたが、新型コロナウイルスの影響などでなかなか試合が決まらず、今回が1年越しのデビュー戦だった。今後もスーパーフライ級を主戦場にする予定だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ