本文へ移動

マルコス大統領、訪米検討 中国との引き合い加速

2022年8月6日 18時20分 (8月6日 18時46分更新)
 6日、フィリピン・マニラで会談するマルコス大統領(右)とブリンケン米国務長官(ゲッティ=共同)

 6日、フィリピン・マニラで会談するマルコス大統領(右)とブリンケン米国務長官(ゲッティ=共同)

 【マニラ共同】ブリンケン米国務長官は6日、訪問先のフィリピンの首都マニラでマルコス大統領と対面で、マナロ外相とオンライン形式でそれぞれ会談した。マナロ氏は会談後、マルコス氏がバイデン大統領の招待を受け、米首都ワシントンの訪問を検討していると明らかにした。訪米時期は今後調整するという。
 中国からの経済支援に期待したドゥテルテ前大統領は在任中、一度も訪米しなかっただけに、同盟国の米国への訪問が実現すれば、前政権下でぎくしゃくした対米関係の改善が期待される。中国もマルコス氏の訪中を要請したとみられており、米中の引き合いが加速しそうだ。

関連キーワード

おすすめ情報

国際の新着

記事一覧