本文へ移動

米中西部で中絶制限の州法 最高裁判断後初めて

2022年8月6日 17時35分 (8月6日 17時52分更新)
 【ニューヨーク共同】米中西部インディアナ州議会は5日、人工妊娠中絶の権利を大幅に制限する州法案を可決した。ホルコム知事(共和党)が署名して成立し、連邦最高裁が6月に中絶の権利を認めない判断を示して以降、中絶を巡る規制を強化する州法が成立した初のケースとなった。米メディアが伝えた。
 強姦や近親相姦の場合など例外はあるが中絶を厳しく制限する内容で、9月中旬から施行される。最高裁の判断以降、保守派が優勢な州では規制強化の動きが相次ぐ一方、東部ニューヨークなどリベラル派が優勢な州では中絶の権利擁護の動きが活発化している。

関連キーワード

おすすめ情報

国際の新着

記事一覧