本文へ移動

プロ注目左腕の京都国際高・森下3イニング46球4失点で降板、右翼の守備へ【甲子園】

2022年8月6日 17時36分

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都国際・森下

京都国際・森下

◇6日 全国高校野球選手権大会1回戦 京都国際―一関学院(甲子園)
 プロ注目の左腕、京都国際高の森下瑠大(りゅうだい)投手(3年)は3回限りで降板し、4回から右翼の守備に就いた。
 立ち上がりに逆転されると、3回は先頭打者に四球を与え、送りバントのあと、初回に同点適時打を浴びた4番の後藤叶翔(かなと)捕手(3年)に今度は左前適時打を許した。
 3イニングで46球を投げて5安打、2奪三振の4失点。今夏の京都大会でもっとも投球回数の多かった森田大翔投手(3年)にマウンドを譲った。 

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ