本文へ移動

「ワンピースはまだまだ続く、終わるわけがない!」 映画最新作『FILM RED』舞台あいさつ、田中真弓がルフィの声で宣言

2022年8月6日 15時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
舞台あいさつに登壇した(左から)池田秀一、名塚佳織、田中真弓、谷口悟朗監督

舞台あいさつに登壇した(左から)池田秀一、名塚佳織、田中真弓、谷口悟朗監督

 人気アニメ映画の最新作「ONE PIECE FILM RED」(谷口悟朗監督)の初日舞台あいさつが6日、東京・銀座の丸の内東映で行われ、声優の田中真弓、名塚佳織、池田秀一らが登壇した。
 海賊王を目指し、大海原の冒険を重ねる主人公ルフィの物語は、原作のコミックが累計発行部数が5億部を記録。15作目の劇場版最新作では、ルフィの恩人で海賊団の大頭「赤髪のシャンクス」を軸にしたストーリーが展開された。
 原作コミックは1997年から連載がスタート。テレビアニメが始まった1999年からルフィの声を演じている田中は「25年前、誰がここまで続く作品になると思っていたでしょうか。感慨もひとしおです。ワンピースはまだまだ続く、終わるわけがない!」とルフィの声も交えてあいさつした。
 最新作では新キャラクターとなるシャンクスの娘の歌姫ウタの声を名塚が、ウタの歌唱パートを女性歌手のAdoが担当する“Wキャスト”が採用され話題に。オーディションを経て、ウタ役に抜てきされた名塚は「初日を迎えられ、言葉にできないぐらいうれしいです。今日までがむしゃらにやってきました。期待に応えられていたらいいなと思います」と感激の思いを口にした。
 さらに父親シャンクスの声を演じた池田からは、ウタのヘアカラーをイメージした白と赤のバラの花束もサプライズで贈られ、「こんなに幸せなことはないです」とうれし涙をぬぐっていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ