本文へ移動

「千鳥」ノブが退院を報告「これからちょっとゆっくりします!大悟しばらく頼んだ!!」右椎骨動脈乖離で要安静

2022年8月6日 15時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「千鳥」のノブ

「千鳥」のノブ

 「右椎骨動脈乖離(みぎついこつどうみゃくかいり)」のため入院していたお笑いコンビ「千鳥」のノブ(42)が6日、自身のツイッターで退院を報告した。
 「退院しました!心配して下さった方、先輩後輩仕事関係の方、迷惑かけてすいません!励ましもありがとうございました!病院の方々も最高の治療ありがとうございました!これからちょっとゆっくりします!大悟しばらく頼んだ!!」
 ノブは7月27日に首の痛みを感じ、その後も痛みが引かず2日に病院で受診。右椎骨動脈乖離と診断され、入院した。1カ月程度の安静が必要という。そのため、相方の「大悟しばらく頼んだ!!」とつづった。
 ノブは大悟(42)と、2000年7月にコンビを結成。第35、37回「NHK上方漫才コンテスト」(2005、07年)でそれぞれ優秀賞、第25回「ABCお笑い新人グランプリ」(04年)で最優秀新人賞など各賞を受賞。現在はバラエティー番組に引っ張りの人気コンビとなっている。 

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ