本文へ移動

「劇場版 ねこ物件」主演の古川雄輝「究極の癒やし映画」撮影時、猫に最大限配慮の裏話も

2022年8月6日 13時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
映画「劇場版 ねこ物件」の公開記念舞台あいさつに出席した(左から)長井短、古川雄輝、細田佳央太ら

映画「劇場版 ねこ物件」の公開記念舞台あいさつに出席した(左から)長井短、古川雄輝、細田佳央太ら

 俳優古川雄輝(34)が6日、東京都内で公開中の主演映画「劇場版 ねこ物件」(綾部真弥監督)の公開記念舞台あいさつに共演の細田佳央太(20)、長井短(28)らと出席。最後は猫も登場して場内を盛り上げた。
 今年4月期にテレビ神奈川などで放送されたドラマの映画版。猫付きシェアハウスを舞台に、猫と人とのつながり方や新しい家族の形を描いたハートフル・ストーリーだ。
 主人公・二星優斗を演じた古川は「本当に究極の癒やし映画。(登場する)カワイイ猫と、成長する優斗、おいしいご飯…。この夏にピッタリなので、劇場に来て頂けたら」と呼び掛けた。さらに猫との撮影秘話について「安全に配慮して糸でくくったり、カメラの反対側にネットを張ったり。(この裏話を)思いながら見てもらえたら。カチンコも(音を調節して)やさしく配慮した」と振り返った。また猫にちなんで、癒やしの時間を問われると「自分の趣味をやっている時間。車にハマっていて、乗ってる時が癒やしの時間です」と明かした。
 一方の細田は「撮影終わりのあったかいタオル」と回答し、「顔をふくのがめちゃくちゃ好き。撮影がひとつ終わったな、と。気持ちいい」と実感を込めて語った。ほかには、共演の本田剛文(29)、金子隼也(22)らも登壇した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ