本文へ移動

<紀州日記> 「伝記資料提供は医師」 紀北と森鴎外の接点、郷土史研が調査

2022年8月6日 05時05分 (8月6日 12時45分更新)
住民への聞き込みや登記簿から歴史を解明した向井さん=紀北町島原の北条新助宅跡地で

住民への聞き込みや登記簿から歴史を解明した向井さん=紀北町島原の北条新助宅跡地で

 紀北町の郷土史研究サークル「紀伊長島ふるさと懇話会」が、森鴎外が江戸時代の儒学者北条霞亭(かてい)の伝記を書くための資料を現在の同町島原に住んでいた医者が提供していたと発見した。会員らは住民の話や登記簿などから証拠を集め、文豪と町とのつながりを明らかにした。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧