本文へ移動

唐辛子で「暑さ乗り切って」 くまの農業振興公社、新商品2種類を販売

2022年8月6日 05時05分 (8月6日 12時50分更新)
販売されているプサジュエラ(左)とハラペーニョの一味唐辛子

販売されているプサジュエラ(左)とハラペーニョの一味唐辛子

 熊野市のくまの農業振興公社は、市内で栽培されている唐辛子「プサジュエラ」と「ハラペーニョ」を使った一味唐辛子の新商品を作った。市内の道の駅や、駅前特産品館のほか、鬼ケ城センターなどで販売している。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧