本文へ移動

重量挙げ男子61キロ級、亀山・松田選手が初優勝 全国高校総体

2022年8月6日 05時05分 (8月6日 12時47分更新)
優勝を決めた松田選手=愛媛県新居浜市市民体育館で

優勝を決めた松田選手=愛媛県新居浜市市民体育館で

 四国地方で開かれている全国高校総体(インターハイ)で、県勢は五日、重量挙げ(トータル)の男子61キロ級で、亀山の松田魁利(かいり)選手(三年)が優勝した。陸上では女子走り幅跳びで宇治山田商の中村里菜選手(同)が四位入賞し、女子800メートルでは鈴鹿の松本未空(みく)選手(二年)が決勝に進んだ。自転車競技では朝明の竹野迅音選手(三年)が男子ポイントレース、松岡隼人選手(同)がスクラッチの決勝に進んだ。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧