本文へ移動

夏の全国 完全燃勝を

2022年8月6日 05時05分 (8月6日 11時38分更新)

全国大会に向け抱負を語る選手たち=金沢市役所で


▽小学生バレーに金沢3チーム
 「最後まで諦めない」

 九〜十二日に東京などで開かれる全日本バレーボール小学生大会に出場する金沢市内の三チームが、市役所で村山卓市長に抱負を語った。
 森本男子の田向正篤主将(大浦小六年)は「県代表として金沢の誇りを胸に頑張りたい」と誓うと、菊川学童バレーボールクラブの余川しおり主将(犀桜小六年)は「自分たちらしいプレーをして八強を狙う」、金沢城北Jrバレーボールクラブの坂井杏奈主将(森山町小六年)は「最後まで諦めず、悔いのない大会にしたい」と意欲を語った。
 各チームの指導者に奨励費を手渡した村山市長は「新型コロナウイルスを乗り越え、チームの気持ちを一つにして頑張ってほしい」と激励した。 (小川祥)
 ▽出場するチームの皆さん 【森本男子】田向正篤、中野佑都、木谷奏太、南福太郎、川越至恩、宮口真木仁、田向正乃丞、川越行真、南弦乃新【菊川学童バレーボールクラブ】余川しおり、神田埜葉、嶽佑奈、川端穂乃花、川端ありさ、楠香柚、前出依里、大橋亜依梨、嘉門香心、横山采音、余川明朱、松林美季【金沢城北Jrバレーボールクラブ】坂井杏奈、坂龍弥、山田美羽、川口仁汰、嶋佳音、山本恒、北谿海、石田芽奈、飯田暖果

決意を述べる服部成主将(前列左)=津幡町役場で

▽高円宮杯 軟式野球
 津幡・中条「一戦一戦大事に」

 津幡町の学童野球チーム「中条ブルーインパルス」が、高円宮杯全日本学童軟式野球大会に県代表として出場する。選手らは5日、町役場を訪れ、矢田富郎町長らに健闘を誓った。
 選手16人を代表して服部成(なる)主将(中条小学校6年)が「県代表としての自覚を持ち、一戦一戦大事に戦ってきます」と決意を述べた。倉知幸生監督によると、5年ぶり3回目の出場。
 大会は東京・神宮球場などで8日に開幕。全国51チームが参加し中条は9日の1回戦で熊本県代表と対戦する。 (島崎勝弘)

関連キーワード

おすすめ情報

石川の新着

記事一覧