本文へ移動

きらめく砂像 おもてなし 千里浜でライトアップ

2022年8月6日 05時05分 (8月6日 10時49分更新)
ライトアップされ幻想的な砂像=羽咋市千里浜町で

ライトアップされ幻想的な砂像=羽咋市千里浜町で

 羽咋市の千里浜で砂像をライトアップするイベント「千里浜砂像2022」が四日夜に始まった。海に夕日が沈む中、砂像がライトで浮かび上がり、日本海を背に幻想的な光景が広がった。十一月まで、午後七〜十時に点灯する。
 能登千里浜レストハウス前に、主催する千里浜砂像協会(羽咋市)の会員が作ったアニメキャラクターの砂像三基と、羽咋工業高生が手掛けた一基が並び、各二個のライトで照らし出された。家族旅行で訪れた横浜市の観光案内業三木歩(あゆみ)さん(50)は「昼間見るより陰影があって立体的で郷愁を感じる」と話した。
 古永健雄(ふるえけんゆう)会長(51)は「おもてなしの一つ。夕日に間に合わなくてもライトアップを楽しんで」とPRする。(松村裕子)

関連キーワード

おすすめ情報

石川の新着

記事一覧