本文へ移動

<わがまちの記憶> (3)愛宕公園(八幡)

2022年8月6日 05時05分 (8月6日 11時45分更新)
高垣さんらが守っている「墨染めの桜」=郡上市八幡町の愛宕公園で

高垣さんらが守っている「墨染めの桜」=郡上市八幡町の愛宕公園で

  • 高垣さんらが守っている「墨染めの桜」=郡上市八幡町の愛宕公園で
  • 昭和に撮影されたおどりの風景=郡上市八幡町の愛宕公園で(郡上市歴史資料館所蔵)
 夏空へ枝を伸ばすエドヒガン。通称「墨染めの桜」。関ケ原の合戦の時代に植えられてから四百年、郡上八幡の歴史を見詰めてきた。幹が割れ、樹勢は衰えているが、今も公園のシンボルとして根を張っている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧