本文へ移動

民間の知恵でにぎわいを 小牧駅周辺再開発、市が意見募集へ

2022年8月6日 05時05分 (8月6日 11時40分更新)
利活用が課題の駅東公園周辺ではピーチライナーの高架(左奥)の撤去も進む(名鉄小牧ホテルから撮影)

利活用が課題の駅東公園周辺ではピーチライナーの高架(左奥)の撤去も進む(名鉄小牧ホテルから撮影)

 小牧市の玄関口の名鉄小牧駅周辺で、大規模な再開発計画が進んでいる。整備方針は三月に策定された市中心市街地グランドデザインで示されているが、具体的な将来像が定まっていない場所もある。市は今後の整備に民間の力を取り入れようと、事業者からアイデアを募る「サウンディング型市場調査」を実施する。市の担当者は「行政では考えつかない提案をしてもらい、にぎわいあふれる中心市街地にしていきたい」と話す。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧