本文へ移動

福井・南越前町で147件床上浸水 鹿蒜川が氾濫

2022年8月6日 05時05分 (8月6日 05時06分更新)

鹿蒜(かひる)川が氾濫し、JR北陸線の線路上に乗り上げたまま残る乗用車やがれき=5日午後0時35分、福井県南越前町の今庄で、本社ヘリ「まなづる」から(潟沼義樹撮影)


 福井県は五日、嶺北地域南部を中心に記録的大雨に見舞われた。南越前町今庄では鹿蒜(かひる)川から水があふれて一部集落が孤立し、消防と災害派遣要請に応じた陸上自衛隊が十八人を救助した。県は南越前町に災害救助法の適用を決めた。
 町によると、町内の床上浸水は少なくとも百四十七件。県によると、四日以降、他に勝山市と福井市で床上浸水が二十件、両市に大野市を加えた三市で床下浸水が計四十一件あった。

大雨の影響で、濁流に巻き込まれた乗用車=5日午前10時36分、福井県南越前町で


 土砂崩れなどのため金沢発着のJR北陸線は、名古屋方面の特急「しらさぎ」、大阪方面の特急「サンダーバード」が終日運休。北陸自動車道は敦賀IC(インターチェンジ、同県敦賀市)−武生IC(同県越前市)間の大部分が通行止めとなり、並行する国道8号も敦賀市と越前市の間で通行止めとなった。通行止め区間では一時、車両百二十台が滞留し、百七十人が足止めされた。午後六時時点で約三十台が取り残されている。

滋賀・長浜では 床上・床下24件

 滋賀県長浜市では五日午前八時ごろ、高時川が越水した。道路が冠水し、二十四世帯で床上・床下浸水があり、三十六世帯で...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報