本文へ移動

県岐阜商が夏の甲子園開会式欠席へ コロナ集団感染で

2022年8月6日 05時05分 (8月7日 14時22分更新)
開会式のリハーサルを欠席した県岐阜商=5日、兵庫県西宮市の甲子園球場で

開会式のリハーサルを欠席した県岐阜商=5日、兵庫県西宮市の甲子園球場で

 第百四回全国高校野球選手権大会(六日開幕、甲子園球場)の大会本部は五日、部員の間で新型コロナウイルス感染が相次いでいる県岐阜商について、集団感染と判断したと明らかにした。県岐阜商は六日の開会式を欠席する。大会本部担当者は「なんとか出場の道を探れないかを第一に考えている」と話し、試合日程や登録メンバーの変更を含め対応策を検討している。
 大会本部によると、県岐阜商の選手は大会前のPCR検査で全員が陰性だった。今月三日夜に一人が体調不良を訴え、チーム関係者から大会本部に連絡があった。四日に体調不良者が増え、五日までに複数の陽性者が出た。
 今大会の新型コロナ感染予防ガイドラインは、チーム内での集団感染と判断した際、日程変更で対応できる場合は、当該試合の日程を変更することもあると定めている。県岐阜商は大会第四日の九日、社(兵庫)と対戦予定。担当者は「抽選会以降の日程変更は厳しいと伝えているが、例えば一日、二日ずらすなど、何かできることがないか検討したい」と説明した。
 開会式はすでに集団感染と判断された浜田(島根)、帝京五(愛媛)、有田工(佐賀)、九州学院(熊本)のほか、複数人が体調不良の九州国...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報