本文へ移動

<球心> 甘い初級を狙われ痛恨の失点 エース大野雄大、反省しきり

2022年8月6日 05時05分 (8月6日 05時05分更新)
中日−DeNA 6回4失点で7敗目の大野雄

中日−DeNA 6回4失点で7敗目の大野雄

 苦手なチーム、苦手な右腕を何とか克服したい。契機になり得る一つが、エースによる好投だろう。前日からスライド登板となった先発大野雄。球場も異なる上、相手は今季初対戦。難しい条件が重なっても、試合をつくって流れを呼び込みたかった。「次はピンチになっても粘れるように頑張る」。降板後に残したひと言が、自身の安易な攻め方の裏返しだった。
 1点を追う五回。先頭の神里を3球目で打ち取ったかと思われた。左翼に高々と上がった飛球。来日4試合目の先発となったレビーラが背走の方向を誤り、三塁打になった。ただ、続く打者は8、9番。たやすく失点はしないだろうというベンチとファンの期待は、嶺井への初球で裏切られた。ツーシームがど真ん中へ。あっさり左前にはじき返され、2点目を失った。
 丁寧に勝負したかった場面は六回にもあった。先頭の3番佐野、4番牧に連打を許して無死二、三塁。続く5番宮崎にも初球、高めの直球を捉えられた。打球は前進していた中堅手大島の後方に落ち、さらに2点を許した。立浪監督は「初球を簡単に打たれないように反省していかないと」。球宴での登板を挟んで20日ぶりに先発した左腕に改善を求めた。
 大野雄とは...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報