本文へ移動

タイ野菜を三重県内で栽培、普及目指す 桑名のヤマモリ、農業活性化図る

2022年8月6日 05時05分 (8月6日 05時05分更新)
三重県産のタイ野菜

三重県産のタイ野菜

  • 三重県産のタイ野菜
  • 三重県産のタイ野菜を使ったタイ料理=いずれも名古屋市中区のサイアムガーデンで
  • 三重県産のタイ野菜をPRする(左から)JAみえきたの今村恭樹代表理事専務理事、一見勝之知事、ヤマモリの三林憲忠会長と三林憲司副社長
 タイ食品やしょうゆを製造販売する食品メーカーのヤマモリ(三重県桑名市)は今春、三重県やJAみえきた(同県四日市市)とタッグを組み、タイ料理に使われる野菜の栽培を同県内で始めた。収穫した野菜は一部のスーパーで販売するほか、商品開発や外食店で活用。栽培を通じ、高齢化が進む三重の農業の活性化にもつなげる考えだ。試食会が五日、名古屋市内であり、関係者が舌鼓を打った。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

中日BIZナビ
中日BIZナビ

関連キーワード

おすすめ情報