本文へ移動

2800平方メートル、ヒマワリ満開 御前崎・比木の休耕畑 

2022年8月6日 05時05分 (8月6日 05時07分更新)
休耕畑一面に咲くヒマワリ=御前崎市比木で

休耕畑一面に咲くヒマワリ=御前崎市比木で

 御前崎市比木の県道相良浜岡線沿いの休耕畑で、ヒマワリが満開を迎えている。約二千八百平方メートルの一面がまぶしい黄色に染まり、盛夏の訪れを知らせている。見頃は八月中旬まで。
 比木地区の住民ら三十八人でつくる「比木みどり会」が、地元の景観美化と休耕畑の保全を目的に十五年ほど前から咲かせている。今年は土地改良や肥料を施し、例年以上の出来栄えという。
 春には菜の花を咲かせる計画で、会長の山口丈男さん(74)は「地域住民にも喜ばれている。もっときれいに咲くように管理を続けたい」と話している。 (夏目貴史)

関連キーワード

おすすめ情報