本文へ移動

「SixTONES」京本大我、主演ミュージカル「流星の音色」で熱演、滝沢副社長「代表作になれば」

2022年8月6日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
滝沢秀明さん演出のオリジナルミュージカル「流星の音色」に主演する「SixTONES」の京本大我

滝沢秀明さん演出のオリジナルミュージカル「流星の音色」に主演する「SixTONES」の京本大我

 人気グループ「SixTONES」の京本大我(27)主演ミュージカル「流星の音色」が、東京・新橋演舞場で絶賛上演中だ(17日まで)。七夕を題材に初恋と悲劇を描くオリジナル作品で、大量の水を使った噴水や雨を表現したクライマックスシーンは圧巻。5日公開された昼公演ではスタンディングオベーションも起き、京本は「素敵なラブストーリーに仕上がったと自負してます!」。ミュージカル初演出のジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長(40)も「京本の代表作になれば」と期待を寄せた。
 公演関係者に新型コロナウイルス感染者が出て、開幕が2日から4日に延期された舞台。1年に1度だけ橋が架かる2つの星を舞台に、海の星の王子リーパ(京本)と元宝塚歌劇団雪組トップ娘役の真彩希帆演じる山の星の王女シルウァが織りなすラブストーリーだ。
 京本は劇中で7曲を作詞作曲し、オリジナルミュージカルに初めて制作から携わった。滝沢さんが京本の曲から、雨と噴水の演出を考えたという“化学反応”も起きた。演出では5000粒の星球も用いられ、幻想的なシーンを彩った。
 京本は、オープニングから圧倒的な歌唱力でファンを魅了したほか、縦横無尽に動いて見事な剣さばきも披露。葛藤や苦悩などの演技も見事に表現し「最高のキャスト、スタッフと共に劇場でお待ちしてます!」とアピールしている。
 今回が初演だが、東京のほか、愛知、京都、広島の全公演でチケットは完売。再演の可能性も期待され、滝沢さんは「せっかくなら、彼の“もの(代表作)”になっていければうれしい。主役の格がどんどん上がっていく。楽しみですね」と熱望。演出では「大我のカワイイところ、カッコイイところをうまく引き出せたらいいなと思っていて、彼も思いっきりやってくれているので、見ててキュンキュンしてる」と熱っぽく語った。
 リーパの父役を京本の事務所の先輩・内海光司(54)が、シルウァの母役を新妻聖子(41)が演じる。
 座長・京本に対し滝沢さんは「ミュージカル界のスターの皆さま、自分の先輩がいて座長を張る、堂々としろというのも簡単にできることではない」と賛辞を贈った。コロナ禍の影響も受けたが、「無事に幕を開けることができて今はすごくホッとしてる。(京本を)間近で見て心強い座長になった印象」と語った。
 ○…新橋演舞場は、京本がジャニーズJr.になる前、父で俳優の京本政樹(63)に連れられて、滝沢さんと会ったという思い出の地。滝沢さんは「そんな彼がここで座長になって不思議な感覚です」とも。父・政樹は4日に同舞台を観劇して満足していたという。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ