本文へ移動

豊橋・境松遺跡で弥生・古墳時代の大型建物遺構発見 6日に一般説明会

2022年8月6日 05時06分 (8月6日 11時17分更新)
境松遺跡を調査する人たち=豊橋市牟呂町で

境松遺跡を調査する人たち=豊橋市牟呂町で

 豊橋市は、発掘調査中の境松遺跡(牟呂町)で、弥生時代後期から古墳時代前期とみられる竪穴建物跡群と、大型建造物の遺構を見つけたと発表した。建物跡群は広さ四十六平方メートルで、同時代の物としては東日本地域で三番目の規模。大型建造物は神殿か、この地域を統治していた有力者の住居だったとみている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧