本文へ移動

「名古屋をどり」進化 「NEO傾奇者」に 才能結集 エンタメ日舞 堤監督協力、ボイメン本田が遊女役

2022年8月6日 05時02分 (8月6日 05時02分更新)
「名古屋をどりNEO傾奇者」への来場を呼び掛ける西川千雅家元(前列中央)ら出演者=名古屋市昭和区の西川会会館で

「名古屋をどりNEO傾奇者」への来場を呼び掛ける西川千雅家元(前列中央)ら出演者=名古屋市昭和区の西川会会館で

  • 「名古屋をどりNEO傾奇者」への来場を呼び掛ける西川千雅家元(前列中央)ら出演者=名古屋市昭和区の西川会会館で
  • 初稽古に臨む出演者たち=名古屋市昭和区の西川会会館で
 終戦直後から続く日本舞踊西川流の公演「名古屋をどり」が、多彩なエンターテインメントを融合させた「名古屋をどりNEO傾奇者(かぶきもの)」に生まれ変わる。十月十五、十六日に名古屋市公会堂で開催。四世家元西川千雅(かずまさ)は「日本文化を好きになってもらうために西川流だけでなく、皆で力を合わせ、相乗効果を生みたい」と力を込める。
 これまでは古典舞踊を中心に、ダンサーなどゲストが出演する構成だった。NEOはエンタメ要素を強めて、幅広い来場者に楽しんでもらう。第一部は全国の芸妓(げいこ)十二団体が日替わりで舞う「全国芸妓博覧会」。第二部の「NEO舞踊劇 名古屋心中」は、名古屋出身の映画監督堤幸彦が演出協力し、名古屋ゆかりのエンターテイナーが結集する。
 「名古屋心中」は、尾張徳川家七代当主宗春が治める名古屋を舞台に、史実にある心中未遂事件から材を取った物語。主役の喜八は西川流の別格師範カークが、恋人の遊女小さんは、名古屋の男性アイドルグループ「BOYS AND MEN」の本田剛文がそれぞれ務める。
 以前、テレビの企画で、千雅から日舞を教わった本田を主役の女形に抜てきした。本田は「チャレンジャー...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報