本文へ移動

J1名古屋新加入・重広の目を見張る運動量 長谷川監督の評価急上昇「うれしい誤算」6日浦和戦プラン変更も

2022年8月5日 17時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3日の浦和戦で豊富な運動量を発揮した重広

3日の浦和戦で豊富な運動量を発揮した重広

 名古屋グランパスは6日、浦和戦に臨む。3日のルヴァン杯準々決勝浦和戦第1戦(豊田ス)では新戦力、新ポジションの選手が躍動。長谷川健太監督(56)は、選手起用への影響を示唆した。5日は愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで非公開で練習した。
 望外の新戦力に、指揮官がうれしい悩みだ。6日のリーグ戦の前後にルヴァン杯準々決勝が入り、異例の浦和3連戦で始まった8月。第1ラウンドの3日は、MF永木、MF重広の途中加入2選手が初先発し、躍動した。
 長谷川監督が目を見張ったのは重広の運動量。「思った以上にハードワークできるし、技術もあそこまで高いとは」と評価は急上昇。日本代表経験がありながら今季J1で6試合出場の永木も、激しいプレーで存在感を見せ「改めてファイティングスピリット、気持ちの部分で非常に素晴らしい選手。きちっと合わせてくるのがベテランのすごさ」と感服した。
 2日の会見では「(メンバーや戦い方は)初戦と2戦目は考えている」と語っていた。中2日で臨む過密日程のためだったが「うれしい誤算」に、プラン変更は必至。この日は「しっかり結果を出してくれた選手には、またチャンスを考えたい」と語り、メンバー争いに”異状あり”だ。
 6月18日のリーグ浦和戦(埼スタ)では、前半で3点を失った。8月3日は後半に追いついて1―1。「尻上がりの試合ができている」と指揮官。勝ち点26で12位のグランパスにとって、同32で8位の浦和は捉えておきたい相手。「ここで勝つことが、また自分たちに流れをぐっと引き寄せることになる」。期待たっぷりの新戦力とともに、第2ラウンドを制する。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ