本文へ移動

【ボクシング】海外進出も視野の豊嶋亮太「減量もスムーズ、コンディションの良さを試合に出す」

2022年8月5日 15時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
計量をクリアした豊嶋(左)とアブドゥラミド

計量をクリアした豊嶋(左)とアブドゥラミド

 ボクシングWBOアジアパシフィック・ウエルター級タイトル戦の前日計量が5日、東京都内で行われ王者の豊嶋亮太(26)=帝拳=と挑戦者のアダム・ディウ・アブドゥルハミド(27)=フィリピン=がともに66・3キロでクリアした。豊嶋は東洋太平洋同級王座も保持しWBO10位、WBC13位に入る世界ランカーで通算15勝(9KO)2敗1分け。挑戦者は17勝(9KO)10敗。
 「普段の食事から気を付け、今までになく減量がスムーズだった。コンディションのよさを試合に出して、倒しに行くところを見せたいと思います」と豊嶋。世界的な激戦階級で海外進出を視野に入れる。今回、挑戦者の事情で対戦カード発表が試合約2週間前の7月20日という急な展開だったが「上に行けばこういうことはよくあると思う。予行練習になる」と、平然としていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ