本文へ移動

世界遺産目指し連携深める 犬山・松江市職員ら松本城を視察

2022年8月5日 05時05分 (8月5日 15時10分更新)
松本市職員(左)から松本城の説明を受ける愛知県犬山市の関係者=松本市の松本城で

松本市職員(左)から松本城の説明を受ける愛知県犬山市の関係者=松本市の松本城で

 松本市、愛知県犬山市、松江市の関係者が参加する市民交流会が四日から二日間の日程で、松本市で始まった。三市はいずれも国宝の城を有しており、彦根城(滋賀県彦根市)と姫路城(兵庫県姫路市)をあわせた国宝五城の世界遺産登録を目指している。登録に向けた機運を醸成するとともに城を軸とした観光のあり方について意見交換する。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧