本文へ移動

4日朝、福井、勝山、大野の3市に大雨洪水警報を発表

2022年8月4日 12時02分 (8月4日 12時09分更新)
氾濫した勝山市の暮見川

氾濫した勝山市の暮見川

 前線に向かって暖かく湿った空気が流れこんだ影響で、福井県内は嶺北地方で大雨が続き、福井地方気象台は4日朝、福井、勝山、大野の3市に大雨洪水警報を発表した。大野市では、3日午前11時からの24時間降水量が、統計を取り始めた1976年以降、8月の観測史上最大となる155㍉㍍となった。大野、勝山両市では、命に危険が及ぶ土砂災害がいつ発生してもおかしくないとして「土砂災害警戒情報」が発表された。
 4日午前8時までの大野市の1時間降水量は、約110㍉、勝山市が約90㍉。気象庁は、記録的短時間大雨情報を発表した。
 勝山市内では各地で道路の冠水や土砂崩れがあったほか、同日午前10時20分現在、2河川が氾濫した。市は災害対策警戒連絡室を設置し、一時避難所を開設するとともに午前10時に市内全域に避難指示を発令した。
 氾濫した河川の一つ、暮見川では水位が急上昇し、土砂を含んだ水流があふれて川沿いの道路や飲食店、集落に流れ込んだ。40年ほど前から飲食店を構える女性は「30分くらいで急に(川が)暴れ出した。こんなことは初めて」と慌てながら、「店の帳簿だけ持って避難します」と話した。
 同市によると、野津又川も氾濫。山側では土砂崩れも起きたほか、住居などへの床下浸水、道路の冠水も各地で発生している。
 同市は災害対策本部を設置。午前9時半には市教育会館や各まちづくり会館などを一時避難所として開設した。同10時に市内全域で避難指示を出した。
 大野市は午前9時40分から、市内各地に順次、高齢者等避難指示を発令した。
 福井県奥越・丹南両土木事務所によると、午前11時半現在で県内の国道、県道計13本が通行止めとなっている。(山口育江、平林靖博)

関連キーワード

おすすめ情報