本文へ移動

コロナ県内最多1700人超 福井市保健所調査遅れ分も計上

2022年8月4日 05時05分 (8月4日 09時56分更新)
 県は三日、県内で新たに千七百十八人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新規感染者数としては過去最多を更新し、七日連続で千人超えとなった。県によると、福井市保健所で発生していた調査の遅れが解消され、数日分の人数が計上されたことで、全体の数を押し上げた。 (玉田能成)
 市町別の感染者数をみると、福井市が千一人で全体の58・2%を占めた。七月末には陽性が分かっていた患者の人数も含まれており、全体の増加につながった。
 同市保健所は、県内の感染者数が一日千人を超えた七月末ごろから調査業務が遅れ、感染者の一部を計上し切れていなかった。県によると、人員の投入や作業の効率化を図ったことで、現在は遅れを解消。担当者は事務処理による一時的な増加とし、「感染状況はこれまでと大きく変わっていない」と説明している。
 一方で、直近一週間当たりの感染者数は一万百三人となり、初めて一万人を超えた。県は「マスク着用に加え、換気が大事。三十分または一時間に一回は部屋を換気してほしい」と促す。
 福井市以外の市町別の人数は鯖江市百四十八人、越前市百二十八人、坂井市百十五人、越前町五十三人、小浜市四十人、勝山市三十九人、敦賀市、あわら市各三十五人、大野市二十六人、永平寺町二十一人、若狭町二十人、南越前町、高浜町各十三人、美浜町九人、おおい町八人、池田町一人、県外・不明十三人。

関連キーワード

おすすめ情報