本文へ移動

カップル2組 初利用 七尾・ノトアのパートナー無料制度4年

2022年8月4日 05時05分 (8月4日 10時00分更新)
結婚式までパートナーの利用料金が無料になる制度を利用し、健康づくりに取り組む利用者=七尾市のノトアフィットネスクラブで

結婚式までパートナーの利用料金が無料になる制度を利用し、健康づくりに取り組む利用者=七尾市のノトアフィットネスクラブで

▽新城さん夫妻、高瀬さん夫妻
 結婚式まで「ドレスきれいに着たい」

 七尾市竹町のノトアフィットネスクラブは、結婚や運動を応援する取り組みとして、入籍や結婚式を予定している会員が、挙式や入籍日までパートナーの利用料金が無料になる制度「ウィズハピ」を導入している。約四年前から始めたが、六月中旬ごろ、初の利用者二組が誕生した。 (大野沙羅)
 利用者は、いずれも入籍済みで今冬に結婚式を控える同市一本杉町の新城(あらき)良平さん(35)と夏生さん(32)夫妻、同市天神川原町の高瀬亮輔さん(31)と野々さん(25)夫妻。新城さんと高瀬さんはクラブに五年以上通う友人同士で、施設内の張り紙を見て一緒に申し込んだ。
 新城さん夫妻が結婚届を提出したのは昨年三月だが、コロナ禍で挙式を決めたのは今年六月ごろ。夏生さんは「結婚式までに健康的にきれいになりたいのでモチベーションが上がるし、趣味が増えたようで楽しい」と話し、新城さんは「僕も体を仕上げたい。一緒に頑張れそう」と語った。高瀬さんの妻野々さんは「ドレスをきれいに着たい」と話し、週一回ほど通う体幹を鍛え、体のバランスを整えるピラティスの教室で汗を流しているという。
 小梶崇社長はコロナ禍で挙式を決断した人を応援したいといい「夫婦で一緒に運動する人が増えることで、結果として運動する若い人が増えるきっかけにつながれば」と期待した。

関連キーワード

おすすめ情報

石川の新着

記事一覧