本文へ移動

【NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」明日は】内憂外患の北条家を守るため、義時は一案を講じる

2022年8月6日 18時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
鎌倉御所にて。阿野全成を厳しく詮議した比企能員(佐藤二朗、写真左)をとがめる北条義時(小栗旬、写真右)=NHK提供

鎌倉御所にて。阿野全成を厳しく詮議した比企能員(佐藤二朗、写真左)をとがめる北条義時(小栗旬、写真右)=NHK提供

〈8月7日(日)第30回・全成の確率 NHK総合 午後8時ほか〉
 源頼家(金子大地)に対して呪詛(じゅそ)を行った疑いにより、詮議を受ける阿野全成(新納慎也)。比企能員(佐藤二朗)はその背後に北条家の暗躍があると確信し、対決姿勢をさらに強める。
 そのころ北条家では、夫・全成を巻き込まれて激怒した実衣(宮澤エマ)が父・時政(坂東彌十郎)を追及。名乗り出ようとする時政だが、りく(宮沢りえ)に止められる。
 義時(小栗旬)は北条家を守るために一案を講じ、畠山重忠(中川大志)の助力を得て…。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ