本文へ移動

<SDGs>シルバー人材センター 女性会員拡大に力

2022年8月1日 14時22分 (8月1日 15時10分更新)

健康体操講座でダンスをする女性会員ら=愛知県蒲郡市生きがいセンターで

 各地のシルバー人材センターが、女性会員の拡大に力を入れている。定年の延長やコロナ禍などの影響で全体の会員数が減少傾向にある中、女性のスキルを生かしやすい仕事を用意したり、交流イベントを開いたりして存在をアピール。会員獲得の実を結ぶ取り組みも出始めている。(海老名徳馬)

交流イベント スキル生かす仕事増

 女性ら二十人が懐かしい歌謡曲に合わせて踊る。七月中旬、愛知県蒲郡市で開かれた健康体操講座。主催したのは、同市シルバー人材センターの女性部会「がマダム1000」だ。同会委員の澤井宏依ひろよさん(67)は「仕事だけじゃなく、楽しいことがあると知ってほしい」と話す。
 同会は昨年四月の発足以来、ガーデニングや料理教室、交流サロンなど多彩なイベントを開催。澤井さんら五人の中心メンバーが企画し、自ら講師を務めることもある。例えば、月一回ほど開くスマートフォンの基本講座では、同県の高齢者デジタルサポーター研修を受けた会員が教えており、「分からないことを気軽に聞ける」などと好評だ。
 「興味があるイベントに来て楽しんでもらえれば次につながる」と澤井さん。活発な活動が口コミで広がり、女性会員数は七月末時...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報