ビシが打たねば誰が打つ! 5月0発…きょうから巨人戦頼む

2019年5月31日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日-DeNA 4回裏無死一、二塁、ビシエドが右前適時打を放つ=ナゴヤドームで(小沢徹撮影)

中日-DeNA 4回裏無死一、二塁、ビシエドが右前適時打を放つ=ナゴヤドームで(小沢徹撮影)

  • 中日-DeNA 4回裏無死一、二塁、ビシエドが右前適時打を放つ=ナゴヤドームで(小沢徹撮影)
 流れを変えるのは主砲の一発! 中日は30日、ナゴヤドームでDeNAに1-8で完敗した。波に乗れない5月の竜、ダヤン・ビシエド内野手(30)はいまだ本塁打ゼロだ。交流戦には借金突入が確定したが、31日からはセ・リーグのラスト3連戦で宿敵・巨人と戦う。与田剛監督(53)が求めているのも「流れが変わる」大アーチだ。
 序盤からの一方的な展開に一矢は報いた。ベンチ前で円陣を組んで臨んだ4回、先頭の松井佑が左前打で出塁。大島は四球で続いた。無死一、二塁でビシエド。DeNA先発の左腕・東の内角直球を振り抜いた打球は、右前に落ちた。
 「内角の球にうまく内からバットを出すことができた」。松井佑を迎え入れ、本拠地のファンを一瞬なりとも喜ばせた。これで6試合連続安打。「少しずつだけど、感覚は良くなってきている」とうなずいた。
 だからこそ寂しい数字がある。49試合で6本塁打。5月の月間打率は3割3分を残す一方で本塁打はいまだにゼロ。平成の終わりを締めくくった4番打者にまだ令和では豪快な打球が上がっていないのだ。
 もともと放物線よりもライナー性の打球が多いとはいえ、一発は4月27日の阪神戦(ナゴヤドーム)が最後。中日入団後の過去3年間、けがや試合が少ない3月や10月を除き、全試合に出場して本塁打ゼロだった月は一度もなく、今はまさに異常事態とも言える。
 「本塁打は狙って打てるものではなく、自然に出てくるもの。球をしっかりとらえられれば飛んでいく。そういう意味では今はまだちょっとミスショットが多いかな」
 本人は過剰に意識はしていない。それでも直結するチーム本塁打数はリーグ最少の33本。66本で最多の巨人の半分にすぎない。リーグ2位のチーム打率を誇る反面、総得点がリーグ最少にとどまる一因になっている。
 チーム最多の7本塁打を放っている福田は右手首を痛めて27日に出場選手登録を抹消された。5本塁打の平田も左ふくらはぎの肉離れで2軍調整が続く。外国人枠の問題で昨季15本塁打のアルモンテも欠く。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ