本文へ移動

『旧統一教会と政治家』番組で特集、杉村太蔵とデーブ・スペクターに緊張走る 「それくらいのことは知るべきなんです」

2022年7月31日 16時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
杉村太蔵

杉村太蔵

 TBS系情報番組「サンデージャポン」31日の放送では世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と政治家のつながりが特集され、元衆議院議員でタレントの杉村太蔵と映像プロデューサーでタレントのデーブ・スペクターの間で一時、緊張が走った。
 リモート出演した実業家のひろゆきさんらがこれまでの霊感商法の被害で民事、刑事で多くの訴訟が起きていると指摘した。
 これに対して杉村は「正直言いまして、僕も立候補した経験がありますけども。すごく政治家に対する批判があるんですけど、もし僕が選挙にいま出て、この報道前に『太蔵さん、応援するから』って言われて、『いや、あなた方の応援はいらない』と言えるかって言ったら…この10年、統一教会とか霊感商法というのがメディアに出てこなかった。そんなに訴訟があったのかというのを恥ずかしながら知らなかった」と話した。
 これまでもツイッターなどで旧統一教会に対して厳しい意見を表明していたデーブは、これに「そういうの(過去の問題)を忘れるなって言いたいんです。それくらいのことは知るべきなんです」と厳しい表情で迫り、激しい言い合いになった。
 割って入ったひろゆきさんは「過去そういうことを知りませんでした、携わってしまいました、じゃあ、これからどうするのって話ですよね。今、自民党は調査する権限があります。でも、それを使っていません。じゃ、カルトの団体を規制する法律を作りましょう。自民党も公明党も何も言っていないんですよ。なので、これからどうするの。今まで(応援を)もらっていた人は統一教会に対して一切縁切りますと言ってくれればいいけど、僕が知る限り縁を切りますと言ってる政治家はいない」などと持論を展開した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ