本文へ移動

元厚労省医系技官の木村盛世さん、尾身会長の発言に「職務放棄 責任を国民に押し付けるな!」と怒り

2022年7月30日 11時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」(国立感染症研究所提供)

 元厚労省医系技官で医師の木村盛世さんが30日、朝日放送の「教えて! NEWSライブ正義のミカタ」に生出演。第7波に突入し連日20万人を超える新規陽性者を記録しているコロナ禍の中、「一般市民が主体的に自分で判断していろいろ工夫するフェーズ(段階)に入った」などと発言した政府分科会の尾身茂会長の発言に、「職務放棄。責任を国民に押し付けるな!」と怒りをあらわにした。
 「(感染症の分類を現状の2類から)5類にすると医療従事者も他の国民もハッピー」と持論をボードに記した木村さんは、世界最多の新規陽性者を記録している現状に「コロナを特別扱いしている。コロナは明らかに風邪のウイルス」と力説した。
 さらに、尾身会長が「重症者数、感染者数、一般医療の制限をどこまで我々が許容するか。国民的なコンセンサスが必要だ」との発言内容が紹介されたると木村さんの怒りは収まらない。
 「2類にしたまま、一般市民が判断してって言ったって、結局は自主的な行動制限が起こるだけですよ。誰かが決めなきゃいけないのに、この人が責任放棄してどうするんですかっていう話。もっと腹立つのは岸田首相ですけどね。だって5類に落とさない限りは永遠にこれが続く。誰かが決定しなければ、この非日常的な異常な生活は終わらない」と語気を強めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ