本文へ移動

渋沢栄一「命の恩人」として交流 名古屋・瑞穂の民家で礼状見つかる

2022年7月29日 05時05分 (7月29日 11時58分更新)
渋沢栄一から祖父仲太郎さんに送られた礼状を手にする宮里敏明さん=名古屋市瑞穂区で

渋沢栄一から祖父仲太郎さんに送られた礼状を手にする宮里敏明さん=名古屋市瑞穂区で

  • 渋沢栄一から祖父仲太郎さんに送られた礼状を手にする宮里敏明さん=名古屋市瑞穂区で
  • 宮里仲太郎さん
 日本の近代化の礎を築いた渋沢栄一(一八四〇〜一九三一年)の礼状が、名古屋市瑞穂区の民家で見つかった。宛先は、暴漢に襲われる窮地から救ってくれた若き男性巡査。襲撃事件は周知の史実だが、無名の恩人の人生が、渋沢との出会いで大きく変わっていった事実は、ほとんど知られていない。 (多園尚樹)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧