本文へ移動

島田陽子さんお気に入りのドレスを身にまとい荼毘に付される 葬儀は近親者のみが参列

2022年7月27日 19時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
島田陽子さん

島田陽子さん

 大腸がんによる多機能不全のため25日に69歳で亡くなった女優の島田陽子さんの葬儀が27日、東京都内で営まれた。近親者十数人が参列し、ドラマ「続・氷点」や映画「砂の器」などに出演し、国際派としても活躍した女優と別れを告げた。
 事務所関係者によると、コロナ禍のため近親者のみで行われた。きれいに化粧をして棺で眠る島田さんは、生前お気に入りだった淡いブルーに金の刺しゅうの入ったドレスを身にまとい、同午後5時17分、荼毘(だび)に付された。
 米ドラマ「将軍 SHOGUN」で受賞したゴールデングローブ賞テレビドラマシリーズ部門女優賞のトロフィーも祭壇に飾られた。トロフィーや遺品は、建設を計画しているギャラリーに飾られる案もあるという。コロナ感染拡大の状況を見極めつつ、8~9月にお別れの会の開催を計画している。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ