本文へ移動

「お前が打たなきゃ誰が打つ」は好ましくない表現 中日の応援歌「サウスポー」使用自粛 与田監督も疑問視

2019年7月1日 19時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 中日は1日までに中日ドラゴンズ応援団に試合中に使用する応援歌「サウスポー」について、好ましくない表現があるとして歌詞の変更を要請し、1日に同応援団が同曲の当面の使用を自粛することを公式サイトなどで発表した。好ましくない表現は「お前が打たなきゃ誰が打つ」という部分で、多くの子どもたちも応援する中、「お前」という表現はどうかと与田監督も疑問視し、その旨を球団を通じて応援団に伝えていた。同応援団側は歌詞の変更が難しいとして、使用の自粛を決断したとみられる。「サウスポー」はピンクレディーの原曲を替え歌にしており、高校野球の応援などでも使用されている。
 加藤球団代表は「監督も以前から気にしていた。球団を通して要請したところ、不適切な表現があるとして自粛してくれることになったと聞いた」と話した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ