本文へ移動

【中日】ブルペン一丸の0封リレー “新・8回の男”清水からR・マル、藤嶋、祖父江、谷元とたすき

2022年7月7日 22時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回に登板した清水

8回に登板した清水

◇7日 DeNA0―0中日(横浜)
 ブルペンが一丸となって12回までスコアボードに「0」を刻んだ。
 先発・高橋宏の後を受け、8回のマウンドに上がったのは清水。ロドリゲスの離脱により、“新・8回の男”に指名された背番号50は先頭・森を3球三振に仕留めるなど、下位打線を三者凡退。危なげなく仕事を果たした。
 続く9回はR・マルティネス。1番からの好打順もわずか9球で料理。安定感抜群の投球で「どんな展開、状況でも自分の仕事をするだけ。チームが勝てるようにまた明日も頑張るよ」とコメントした。
 延長に入ると、10回は藤嶋が先頭・牧に右前打を許すも後続を打ち取り無失点。続く11回は祖父江が三者凡退とたすきをつないだ。
 最終回は谷元。2死から牧を空振り三振に仕留めるとガッツポーズを決め「1人、1人集中して投げた結果、ゼロで抑えることができました。引き続き頑張ります」と振り返った。
 中継ぎ陣の“奮投”リレーが、今季初の引き分けをもたらした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ