本文へ移動

【日本ハム】清宮、同期の友情!「きょうは瑛斗の日だったので」自身初の2桁弾で初勝利の田中を援護

2022年7月7日 22時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
プロ初勝利を挙げ、清宮(右)らナインに祝福される日本ハム・田中(中)

プロ初勝利を挙げ、清宮(右)らナインに祝福される日本ハム・田中(中)

◇7日 ロッテ1―7日本ハム(ZOZOマリン)
 日本ハムの清宮幸太郎内野手が「同期の友情」で自身初の2桁10号ソロ本塁打を放った。
 「きょうはね、(田中)瑛斗の日だったので。瑛斗に勝ちを付けるために打てて良かったです」。同じ高卒の2018年入団で同学年の田中にプロ初勝利を贈れたことを何よりも喜んだ。
 ドラフト1位の清宮に対し、田中はドラフト3位。高校時代の実績は明らかに清宮の方が上だが、昨年はともに苦しい一年を過ごした。清宮は1軍に一度も上がれない初の屈辱を味わい、田中は2020年に右肘手術の影響もあって昨年オフに戦力外通告。しかし今季は新庄剛志新監督の下で清宮は開幕1軍を勝ち取り、田中も育成から7月1日に支配下復帰を果たした。
 「(田中は)ずっと苦しんでいた。去年だけじゃないですけど、ずっときつかったと思うのでホント、ひとしおじゃないですか、きょうの勝利。こうやって瑛斗が投げる日にしっかり援護できて、幸せっすね」と清宮。
 「2人ともまだいい思いはしてこられなかったので、ここから巻き返したいと思います、2人で。ずっとホームラン30本って言っているんで。頑張ります」と清宮はまだまだアーチをかけ続ける覚悟だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ