本文へ移動

「力の差ある」ヤクルトに11失点大敗…巨人原監督「改めるところがあるというところで次につなげる」

2022年7月7日 22時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
劣勢にベンチでさえない表情の巨人・原監督

劣勢にベンチでさえない表情の巨人・原監督

◇7日 巨人3―11ヤクルト(東京ドーム)
 ヤクルト相手に同一カード3連勝を狙った巨人だが、序盤から投手陣が打ち込まれ、16安打11失点で大敗。3日の広島戦(マツダスタジアム)から続いていた連勝は3で止まり、ヤクルトとのゲーム差も12・5に開いた。
 試合後の原辰徳監督は「今日は大事なゲームになるとは思ったけど、やっぱりまだまだ力の差があるというところじゃないでしょうかね」と現状を受け止めた上で、「そこを改めるところがあるというところで、次につなげていきます」と語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ