本文へ移動

【日本ハム】支配下復帰の田中瑛斗が6イニング1失点で勝利の権利 同期入団・清宮が援護弾

2022年7月7日 20時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
先発した日本ハム・田中

先発した日本ハム・田中

◇7日 ロッテ―日本ハム(ZOZOマリン)
 7月1日に支配下登録に復帰したばかりの日本ハム・田中瑛斗投手がプロ初先発で6イニングを被安打4の1失点。勝利投手の権利を得てマウンドを降りた。
 田中は2018年にドラフト3位で入団したが、1軍での登板は中継ぎで登板した19年の1試合のみ。20年7月に右ひじを手術し、昨年オフに戦力外となり、今季は育成選手としてプレーしていた。
 この日はドラフト同期で同学年の清宮が2回に先制の10号ソロ。プロ5年目の投打の若武者が3連敗中のチームに活を入れた。
 ▽日本ハム・田中「ランナーを出してからが勝負だと思っていたので、なんとか粘ることができて良かったです。野手のいいプレーもあり、テンポ良く投げることができました。ファンの皆様の応援が力になりました」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ