本文へ移動

【中日】高橋宏斗 最速158キロで自己最長7イニング無失点…打線の援護なく降板

2022年7月7日 20時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
力投する高橋宏

力投する高橋宏

◇7日 DeNA―中日(横浜)
 中日先発の高橋宏斗投手は自己最長となる7イニング3安打無失点と好投した。
 初回からエンジン全開だった。先頭・桑原の3球目に自己最速を1キロ更新する156キロをマークすると、続く大田の5球目には球団日本人最速となる158キロで空振り三振を奪った。
 自己最長イニングとなった7回は、先頭・牧に内野安打を許すも、続く宮崎の二直で併殺を奪い無失点で切り抜けたが、打線の援護なく、3勝目の権利を得ることはできなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ