本文へ移動

サメなど海洋生物による”損傷”に「怖すぎる」…遺体発見の漫画家高橋和希さん、報道にSNS衝撃走る

2022年7月7日 18時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
名護市の海岸

名護市の海岸

 人気漫画「遊☆戯☆王」の作者で、沖縄県名護市沖の海上で遺体として見つかったことが7日、明らかになった高橋和希さん(60=本名・一雅さん)について、遺体にサメなどの海洋生物による損傷があったと複数のメディアが報じた。これに関して、SNSなどで衝撃が走っている。
 遺体は6日午前、沖合300メートルの場所で発見された。水中マスクやシュノーケル、足ひれを身に付けていたという。TBS系ニュースNスタによると、高橋さんは1人で観光に訪れており、6日夜になって、連絡が付かないとレンタカー会社から警察に相談があった。さらに「現地の消防によると、腹部と下半身にサメなどの海洋生物につけられたような損傷があった」などと報じた。
 直接の死因であるかは判明していないが、ツイッター上では「高橋和希さん、サメに襲われたかもしれんらしい」「怖すぎる」「これ本当に現実か」「かなりショッキング」などの声が相次いだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ